転職時の志望動機には何を優先して書くべき?

転職を成功させるための志望動機のコツ

転職時にこそ重視される志望動機

履歴書に必ず書かなければならない志望動機。 この志望動機に頭を悩ませる人も多いと思いますが、ここで考えるべきは企業側が志望動機を読んで何を判断しようとしているかという点です。 ここでは、志望動機を書く前に注意すべきポイントについて確認していきましょう。

転職したい業界・企業の魅力を明確に

転職を希望した背景には、少なからず応募先の業界や企業に魅力を感じたからという理由があると思います。 しかし、その魅力について具体的に答えることは出来るでしょうか? もしすぐに思い浮かばないのであれば、志望動機により熱意を持たせるためにも、応募した企業やその業界の魅力について考えてみましょう。

志望動機を書く前に

仕事への意識や働き方に対する考え方の変化が著しい近年では、以前に比べて転職は珍しいものではなくなってきました。
実際に、3年、5年、10年という節目の年に転職を考えたことのある人は多いのではないでしょうか。

そんな転職者の場合、書類選考で重視されるのは職務経歴書と志望動機と言われています。
これは新卒の採用と最も異なる点で、企業が転職者の応募に今までの経験や知識を求めていることが分かります。
つまり、転職活動をするうえで、職務経歴書と志望動機は企業の採用担当者への大きなアピールポイントとなると言えます。
特に、書き方に規定がない志望動機は自分の言葉で自由に書くことが出来るので、企業へ自分を売り込むための絶好のチャンスです。

しかし、自由にと言っても、何でも書いて良いという訳ではありません。

転職を希望する理由は人によって様々ですが、中には、なんとなくと言う漠然とした理由や、自分の都合や家の事情による理由もあると思います。
もちろんそれらも転職を考える理由として正当なものですが、企業側から見たときにプラスになるものではなく、素直に志望理由として挙げるにはアピールとして弱いのでお勧め出来ません。
だからと言ってアピールしたいことをあれもこれもと盛り込みすぎては、まとまりがなくなってしまいがち。
それでは一体、志望動機には何を優先して書いていけばいいのでしょうか?

このサイトでは、転職を考えている方に向けて志望動機に優先して書くべきポイントをお教えします。

自分の強みを具体的に

自分の強みを聞かれた時に、即座に答えることが出来ますか? 志望動機の中で応募先の企業にとって自分の強みを具体的に提示することが出来れば、その志望動機はぐっと魅力的になります。 ここでは、志望動機の中に具体的な自分の強みをどのように絡ませていけばいいかをご紹介します。