転職を成功させるための志望動機のコツ

転職時にこそ重視される志望動機

企業がチェックするポイント

企業が志望動機を見る際に、重視するポイントは3つです。

まずは、なぜその企業で働きたいのかという点。
同じ様な仕事をしている企業が他にも多くある中で、なぜその企業を選んだのか説得力のある理由が必要となります。
この質問は面接でも聞かれやすいのでしっかりと答えられるように準備しておくといいでしょう。

次にその人の経験や知識がその企業で活かせるかという点。
ここが新卒と転職と大きく異なる点で、中途採用となると即戦力となるか否かを重要視する傾向があります。
その為、その人が今まで培ってきたものがいかに企業とマッチするかということが大切なのです。

そしてもう一つは、入社後のビジョンが企業に一致しているかという点です。
転職をしてまで叶えたかった仕事への取り組みや今後の目標など、具体的に示せるかによって熱意の伝わりには大きく差がついてしまいます。

この3点を念頭に置きつつ、改めて志望動機を考えてみましょう。

自己PRと混同しない

志望動機を考える時、注意したいのは、志望動機と自己PRは違うものだということです。
自己PRとは、自分で自分の長所をアピールし、企業に自分の利点を伝えること。
つまり、今まで知識や経験で培ってきた過去の自分の紹介です。
一方志望動機で必要なのは、自分が入社することによって、企業にどんな結果をもたらすか、影響をもたらすかと言う利点をアピールする事。
つまり企業に貢献出来る未来の自分の紹介なのです。
この2つは似ているようで違うものなので、混同しないよう注意が必要です。

しかし、だからといって必ずしも自己PRと志望動機に同じことを書いてはいけないわけではありません。
例えば、英語が得意という自己PRと、英語を活かして貢献を企業にすることが出来る、という志望動機ならば、その一貫性が強みとなることもあります。

以上の点を注意しながら、改めて志望動機について考えていきましょう。


この記事をシェアする